お知らせ

  • ホーム
  • お知らせ
  • 【長居植物園開園50周年記念事業 】木製ベンチデザインが決定しました!

【長居植物園開園50周年記念事業 】木製ベンチデザインが決定しました!

2024.01.1050周年記念事業

長居植物園では、開園50周年を記念する事業として、

令和5年8月15日から10月31日までの期間、「木製ベンチデザイン案」を募集し、122点の応募がありました。

ご応募いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

この度、「木製ベンチデザイン案 選定委員会」での審査を経て、

3作品の採用が決定しましたので、発表します!

 

なお、採用されたデザインを基に、完成したベンチは、

令和6年4月27日(土)に実施予定の開園50周年記念イベントで披露予定です。

 

●子ども部門

 

山ノ井道花さん

■作品名:「植物園のシンボル」

■デザインの理由:

 長居植物園のシンボルは、大池と小池だと思います。

 その間にはにじ色のきれいなはしがあって、私はいつもはしをわたるときに黄がわを見ると、

 とても広く感じます。池のまわりにはたくさんの植物でかこまれているので、せもたれは木にしました。

 池の中にもコイや、カメや、鳥がいるので池は植物園になくてはならないそんざいだと思います

 

●花・みどり・自然部門



千花さん

■作品名:「繋・tsunagu・」

■デザインの理由:

 形は花や水の流れ、輪状で様々なものが繋がることをイメージしています。

 中央には草花が茂り、2本の木の下には柔らかな日差しが届く自然と一体化したベンチです。

 なだらかな曲線の大きなベンチにはどこからでも自由に座ることが出来、

 隣り合った人たちが会話を楽しみ(人と人が繋がる)、

 のんびりと景色を眺めてくつろぐことが出来る(人と自然が繋がる)という意味を込めてこのネーミングにしました。

 

●わくわく部門



水溜 綾子さん

■作品名:「お花の妖精さんごっこ」

■デザインの理由:

 「座りたくなる」というコンセプトと、長居植物園というせっかくの植物に囲まれた環境ですから、

 自分も絵本の中の妖精さんになったような気分で思い出を残せるように。そんな趣旨で考えました。

 

 

【お問い合わせ】

長居植物園 50周年ベンチ制作担当(長居パークセンター内)

住 所:大阪市東住吉区長居公園1-23

電 話:06-6696-7117

【長居植物園開園50周年記念事業 】あなたのデザインが長居植物園のベンチに! 木製ベンチデザイン案を募集します!(2023.8.15~10.31)

お知らせ一覧へ